かっこいい幼児教育
かっこいい幼児教育
ホーム > 葉酸サプリ > 葉酸が赤ちゃんに与える働きとは?

葉酸が赤ちゃんに与える働きとは?

妊娠をきっかけに病院が行う栄養指導や、地域が主催する、母親学級を受けに行った方は多いと思います。

 

このような場で、葉酸が赤ちゃんに与える働きと、葉酸が多く含まれる食べ物についての紹介もされた方が多いのではないでしょうか。

 

葉酸を含む食品として、多くの方がご存じなのがレバーです。

 

あるいは、野菜も代表の一つですね。実際に食材から葉酸を摂取しようと考えた場合、いくつかの注意点があります。

 

葉酸は加熱によって大部分が失われてしまい、実際に体が吸収する確率が低いということを理解して、葉酸の摂取量を考えていただけたらと思います。友達と会う機会があったので、妊娠についての話をしていたのですが、葉酸の話になって、その中でもサプリについての話で盛り上がりました。

 

ベルタが販売している葉酸サプリが一番良いらしいって教えてくれました。

 

葉酸サプリは、妊娠中だけじゃなくて妊娠前から飲んだほうが効果が高いと以前教えてもらったことがあったので、妊活中の彼女に勧めておきました。

 

妊活を頑張っている友達には、絶対幸せになってほしいと思うので、元気で健康的な赤ちゃんを授かってほしいと思う今日このごろです。妊娠中だけでなく、妊活中の方に対しても、厚生労働省の勧告により、葉酸の適切な摂取が求められています。

 

細胞分裂が行われる、妊娠初期に十分な葉酸を摂取できない場合は、胎児の細胞分裂が正常になされずに、神経管閉鎖障害などの異常があらわれる可能性が高くなるそうなのです。胎児の栄養は全て母体から賄われています。

 

胎児がこうした障害を発症するリスクを低減するためにも、妊娠前から妊娠初期にかけての期間は、食事で摂取する分の葉酸以外に、1日に400μg(0.4mg)の葉酸をきちんと摂取できるように、栄養補助食品による補給がお勧めです。

 

妊娠中に葉酸サプリはいつまで飲むの?