かっこいい幼児教育
かっこいい幼児教育
ホーム > 便秘 > 子供の便秘で病院に行くとき

子供の便秘で病院に行くとき

子供が便秘で苦しんでいる場合は病院に連れて行ったほうがよい場合があります。

便秘の中にも病気を原因として起きているものがあり、腸重積症など重い病気の可能性も可能性も考えられるからです。

しかし、ほとんどの便秘は病院に行くほどのものではないことが多いようです。

 

たとえば、便秘が2~3日出ていないとしても比較的幼い子供にとってはよくあることであり、元気があって食欲もあり、便を出す時にひどく苦しそうにしているのでなければあまり心配する必要はありません。

 

やや便がかたくて排便の時に少し苦しそうにしているなら、マッサージや果汁、砂糖水、オリゴ糖などを摂取することで、家庭で改善できることが多いようです。

 

しかし、次のような状況では病院に行って検査をしてもらったり、浣腸で便を出してもらったほうがよいかもしれません。

 

・はじめて便秘の症状が出た。

・一週間以上便が出ていない。

・子供のお腹がパンパンに張っている。

・どことなく元気がなく、食欲もない。

・毎回苦しそうにいきんでいるが便がまったく出ないか、出ても少量。

・便が小石のように硬くてコロコロしていることが多い。

・便が硬くて肛門が切れている。

・便に血が混じっている。

・発熱や嘔吐がともなう。

以上のような症状の便秘については、家庭だけで対処するのは心配なところがありますので、きちんと病院で診てもらう必要があります。

しかし、検査をして病気などではないのに便秘を繰り返すとしたら、あとは主に生活習慣や食事によって改善するしかありません。

 

どうしても便が出なくて家庭でも浣腸ができないときは、病院に行かなくてはなりませんが、病院では便秘を治すことはできませんので、病院に頼るのではなく家庭での取り組みが中心となります。幼児の便秘対策の青汁こちら